Sakusora Materials specializes in video materials

【2022年4月度】収益公開!モーションエレメンツでどのくらい稼げるのか?

【2022年4月度】収益公開!モーションエレメンツでどのくらい稼げるのか?

この記事では、副業動画クリエイターがストックサイトの「MotionElements」にチャレレンジした結果について、毎月ご報告させていただいております。

これから「動画関連の副業を始めたい!」「ストックサイトにチャレンジしたい!」という方の参考になりましたら幸いです。

MotionElements(モーションエレメンツ)とは

出典:MotionElements

MotionElements (モーションエレメンツ) は、世界中の動画クリエイターに向けて発信する、アジア有数の素材マーケットプレイスです。アジア並びに世界中の利用者へ、ローカライズされたサービスを提供しています。

モーションエレメンツでは、映像素材、音楽、3Dモデル、After Effects テンプレート、Apple Motion テンプレートといった多数の製品を取り揃え、透明性の高いロイヤリティフリーのライセンスを提供しています。

MotionElements会社概要より

モーションエレメンツは、映像素材や音楽、テンプレートファイルを取り扱うストックサイトなのですが、アジアを中心に展開しているという特徴があり、日本語にもしっかり対応してくれています!

ここはサイトを利用する上でポイントが高いですよね!

私はモーションエレメンツにクリエイターとして2020年の1月から参加しています。

そして、「マーケットプレイス定額制プラン」販売に2021年10月から参加しています。

モーションエレメンツでの商品購入方法

モーションエレメンツで商品を購入する際は、商品ごとに料金を支払う「オンデマンド」と、定額料金を支払うことでダウンロードし放題になる「定額制プラン」の2つの方法があります。

【今なら定額制で販売できる】モーションエレメンツで収益化を目指すなら今がチャンス!【PR】

収益額

オンデマンドの収益額

まずはオンデマンドの収益額報告。

2022年4月度の収益額は

$59.8 (約7,700円)でした!

セールス数が4つと表記されていますが、実際には8つでした。

定額制プランの収益額

そして定額制プランの収益額報告です!

2022年4月度の収益額は

$305.7 (約39,700円)でした!

先月は大きく減収となってしまったのですが、今月は$300を突破できました!

ソラくん
ソラくん

このまま下がり続けないかと心配していたので良かったです!

収益額の合計

オンデマンド$59.8 定額制プラン$305.7 =合計$365.5

最高収益の更新とはなりませんでしたが、先月の収益を超えることができました
サクちゃん
サクちゃん

しかし、なぜ先月が急に落ちたのか、なぜ今月は回復できたのか全く謎です。

販売のための参考データ

モーションエレメンツの定額制プランでは、どの商品がいくつ売れたのかを確認することができません!

今後の制作の参考にできそうなデータとして、「メデイアタイプ」別に、「プロダクトビュー」(閲覧数)と「お気に入りに追加」を毎月確認しています。

いちよう「セールス数」という選択肢も用意されているのですが、なぜか見ることができません。

今回は、「コレクション」のプロダクトビュー割合がものすごく高くなっています!

正直なところ、実感も心当たりも全くありません。

コレクションが売れたことも一度もありません。

サクちゃん
サクちゃん

気づけていないだけで、どこか目立つ場所で紹介いただけたのかもしれません!?

しかし先日、モーションエレメンツの「コレクション」は廃止されるとアナウンスがありました。

もしかしたらこの影響で、プロダクトビュー数が減少するかもしれません。

今後要注意ですね!

この記事のまとめ

この記事では、副業動画クリエイターがストックサイトの「MotionElements」にチャレレンジした結果、

2022年4月の1ヶ月間で$365.5の収益を得られたということをお伝えしました。

ストックサイトへのチャレンジをお考えの方には、モーションエレメンツの定額制プラン参加は、本当にオススメできると思います!

モーションエレメンツ収益化のまとめ 【モーションエレメンツ収益化のまとめ】実績とやり方を公開!

最後に、私のクリエイターページへのリンクを貼っておきますので、商品に興味をお持ちいただいた方はぜひご覧ください!

この記事が、「これからストックサイトを始めようかな」とお悩みの方の背中を少しでも押すことができれば幸いです。

最後までお読みいただいて、ありがとうございました!

ではまた!