Sakusora Materials specializes in video materials

【お絵かきアプリはFresco】Adobeユーザーなら使わないと損!

画像処理にはPhotoshop(フォトショップ)、グラフィックデザインにはIllustrator(イラストレーター)、動画編集・動画制作にはPremiere(プレミア)やAfter Effects(アフターエフェクツ)を使われているという方は大変多いと思います。

そんなAdobeユーザーの方にぜひオススメしたいのが「Fresco(フレスコ)」です!

Frescoを使うことで表現の幅が非常に広がりますので、ぜひ参考にしてみてください。

Adobe Frescoとは

出典:Adobe Fresco

Adobe Frescoは、Adobe製の「お絵かきアプリ」です!

Frescoは「アナログな手描き感が強く出せる」という特徴があります。

Illustratorで手書きっぽいデザインを作ろうとすると、結構大変ですよね?

複数の効果を組み合わせが必要だったり、思い通りの風合いが出なかったり、データが複雑になり重くなったり・・・

サクちゃん
サクちゃん

そんな問題を一発で解決してくれるのが、「Fresco(フレスコ)」です!

Frescoの魅力

Frescoのブラシがすごい!

Frescoには、①ピクセルブラシ、②ライブブラシ、③ベクターブラシという3つのブラシタイプがあります。

  • ①ピクセルブラシ=Photoshopのブラシのようなイメージ
  • ③ベクターブラシ=Illustratorのブラシのようなイメージ

Frescoには「ベクターもラスターも両方扱える」という強みがあります!

手書き感の強い絵を描くことができます!

そして、なんといっても魅力的なのが②ライブブラシ

Adobeの人工知能である「AdobeSensei」の技術が使われているそうなのですが、

この技術によりFrescoならではの「水彩画・油絵」のようなタッチを出すことができます!!

どうでしょうか?

Frescoすごくないですか!?

Adobe CCユーザーなら全機能使える

Frescoは、基本機能を無料で使用できます。

しかも、ほとんどの機能を無料版で使うことができます!

有料版と無料版の違いは、ブラシの種類の多さや、Adobe製品同士の連携のしやすさです。
有料版は月額1080円必要なので、わざわざ有料版を使うメリットは少ないかもしれません。

しかしAdobe Creative Cloudユーザーなら、追加の費用なく有料版のFrescoが利用できます!

つまりAdobe Creative Cloudに加入している方なら、PhotoshopやIllustratorのオマケでFrescoも使うことができます!

Adobe Creative Cloudに加入している方で、まだFrescoを利用していない方は、ぜひこの機会に触ってみてください!

PhotoshopやIllustratorとの連携が簡単

タブレットで絵を描く際に、タブレットだけで完成・完結させる場合もありますが、「描いた絵に、後から色をつけたり変えたりしたい」、「最終仕上げは他のアプリ・ソフトでやりたい」といったことも多いですよね。

この点においてもFrescoは非常に優れています!

Frescoは、PSDファイルでの書き出しが可能です。(無料版でもできます!)

つまり、描いた絵のレイヤー構造を維持したままPhotoshopやIllustratorに送ることができます。

PSDファイルでの書き出しは他のアプリでも可能ですが、Frescoなら自動的にPSDファイルがクラウド上に保存されますので、PhotoshopやIllustratorとの連携がめちゃくちゃ簡単で楽ちんです!

いかがでしょうか?Fresco使ってみたくなったのでは??

Frescoのネック

ここまでFrescoの魅力についてお伝えしてきましたが、Adobe CCユーザーがFrescoを使うには必要な機材があります。

必要な機材

Adobe Frescoを使うためには、基本的に下記の2パターンのどちらかが必要です。

・iPad+Apple Pencil

・Surface+Surfaceペン

ソラくん
ソラくん

まあ、お絵かきアプリなので当然といえば当然なのですが・・・

もともと上記の機材を持っている方や、お絵かきアプリを使いたいと考えている方なら問題ありませんが、「PhotoshopやIllustratorの表現の幅を広げたい」とお考えの方にとっては、わざわざ機材を購入しなければならいというのは魅力的でないと思います。

私の場合は、Surface Pro (5)+Surfaceペンを使っています!
スペック的に若干の処理の重さは感じますが、問題なく使えています。

しかし、機材をお持ちでないという方もご安心ください。

FrescoはiPhoneでも使用することができます!

サポート対象デバイスについて、詳しくは下記をご確認ください

詳細はこちら

ただ、スマホでガッツリ絵が描けるかといえば、やはり難しいと思います。

しかし、PhotoshopやIllustratorで仕上げるためのラフを描いたり、手描き感のある素材を制作するには十分対応できると思います!

取り急ぎスマホでFrescoに触ってみてもし気に入ったら機材の購入も検討してみてはいかがでしょうか??

まとめ

今回は、Adobeユーザーの方に向けて、お絵かきアプリAdobe Frescoを使わないと損ですよ、という内容をお伝えしてきました。

Adobe Creative Cloudユーザーなら追加費用なくFrescoのすべての機能が利用できますし、

iPhoneがあればラフや素材を描くことができます。

Frescoのライブブラシは本当に感動的で、ちょっとした落書きを描くだけでもテンションが上がります!

ぜひこの機会にお試しください!

iOS版はこちらからダウンロード

iOS版はこちら

Windows版はこちらからダウンロード

Windows版はこちら

Adobe Creative Cloudの加入がまだの方にはこちらもオススメ!
【知らないと損!】Adobe CCを安く買う方法【2022最新】【知らないと損!】Adobe CCを安く買う方法【PR】